NPO法人 UGビジネスクラブ

会員専用ページ

2020年1月例会

2020年新春賀詞交歓会

終了

イベント当日の模様は>>こちら

ご案内PDF

修験道の中でも最も過酷な荒行といわれる「大峯千日回峰行」を、吉野山金峯山寺1300年の歴史で二人目に満行された塩沼亮潤大阿闍梨。
想像を絶する命がけの修業を乗り越え、塩沼様が掴んだ人生の真理とは何か。
仏教の教えである“思いやりの心”、日本の“和の心”ついてお話を伺います。

イベント名 2020年新春賀詞交歓会
開催日時 2020年1月8日(水曜日)11:00~
地図・アクセス

帝国ホテル・東京


東京都千代田区内幸町1-1-1

03-3504-1111

JR有楽町 徒歩5分

URL http://www.imperialhotel.co.jp/j/

参加費 会員無料、会員企業社員・家族5千円(講演のみ無料)
ビジター1万円(講演のみ5千円)


会員専用申込サイトへhttps://goo.gl/tU1F4h



ビジター申込サイトへhttps://goo.gl/FZfyK4

講師紹介

  • 塩沼亮潤大阿闍梨

    塩沼亮潤大阿闍梨

    昭和43年  宮城県仙台市生まれ
    昭和62年  吉野山金峯山寺で出家得度
    平成11年  「大峯千日回峰行」満行(千日間、1日48km巡行)
    平成12年  「四無行」満行(9日間、断食・断水・不眠・不臥)
    平成18年  「八千枚大護摩供」満行
    (100日間、塩断ち、五穀断ち後、一昼夜護摩供)
    過去1300年で1人しか成し遂げられなかった、1日48kmの険しい山道を千日間歩き続ける「千日回峰行」を満行。その後、9日間の断食・断水・不眠・不臥の中、20万編の御真言を唱え続ける「四無行」を満行する。また、百日間の五穀断ち・塩断ちの前行の後、「八千枚大護摩供」を満行されました。
    慈眼寺HPhttp://www.jigenji.net/
    プロフィールhttp://www.shionuma-ryojun.com/jp/profile/

このページのトップへ